オタ会長とヤンキー嫁のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「オタ会長とヤンキー嫁」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

体育の授業。ホモデオタの小多央太は運動音痴だから体育は苦手だ。

そこに、無茶なパスボールが央太めがけて飛んできた。と、ギャル男風ヤンキーの花村リョウが危機一髪のところでキャッチ。シュートを見事に決める。

「ありがとう」
「あのさ、エクストリームファンタジア・・・3巻持ってる?おまえ、いっつも電車で読んでんじゃん?」
「いっ家にある!読みたい?」
「貸してくんね?(頬を赤らめる)」
「明日、持ってくるよ!」

こうして、央太とリョウの交流が始まったのだった。そんなある日、リョウが友人から央太の伝説を聞かされる。

奴は生徒会長をしているがただの生徒会長ではない。ありとあらゆるガチオタが役員として集結した生徒会に君臨していること。

4か国語喋れること、信号で止まらずに4キロ歩くこと、牛乳4杯を一気飲みできること4丁目に行くと必ずいること・・・など。

しかし、どう見ても、そんなにすげー奴には見えないのだった。試しに、4か国語が話せるのかを聞いてみると・・・

「俺のうわさ、ほとんど本当だよ」

と答える央太。なにか外国語を話してくれと頼まれる央太

「ウォーアイニー(中国語で愛してるの意)」
「どういう意味?」
「小多央太を中国語で読んだ」
「へー、小多央太って中国語でウォーアイニーなのか」
「花村、もう一回言って」
「え?ウォーアイニー」
「あ、やっぱ発音上手い!喋れるの?」
「そ、そうか?ちげーけど・・・」
「もっかい言ってみてくれ」
「ウォーアイニー」

花村に何度も「愛してる」を言わせて、興奮する央太であった。

オタ会長とヤンキー嫁のネタバレ感想

ピュア同士がアホなことやってる感じですが、二人の関係がいい感じになって行って・・・続きは以下リンクからどうぞ!

サイト内で「オタ会長とヤンキー嫁」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

真夜中は青空食堂のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「真夜中は青空食堂」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

ここは青空食堂。そこへお客さんが入ってくる。

「よっ!夜だけ料理人!ご飯できてます?由岐さん」
「槙島!ちょうど今できたところだ!座ってな」

旨そうに由岐が作ったオムレツを頬張る槙島。そのとき、シイタケが入っていることに気付きテンションが一気に下がる。

「前の彼女にまんま出されて食えなかったって言ってたじゃん。だから、ちゃんと食えるようにアレンジして使ってみたんだ」

「さすが、俺の好み全部わかってるだけあるってーか・・・

そんなことより、こんなうまいもの俺だけが食うなんてもったいないって。

そろそろオーナーさん(親父)に話していいんじゃないですかね?閉店後の厨房使ってこっそり料理作ってるって。

由岐さんがこんなに料理上手いって知ったら親父さん喜ぶと思うんだけどなぁ」

料理を取り上げる由岐。

「それ以上言ったら、この飯食わせねーぞ」

「待ってください。冗談ですって!約束通り誰にも言ったりしません。俺だってこんなおいしい口止め料逃したくないです!」

帰っていく槙島。

「何を言ってるんだあいつは・・・そりゃあ、俺の料理は槙島以外には食わしちゃねーけど・・・

口止め料か。そんなことすっかり忘れてたよ・・・」

真夜中は青空食堂のネタバレ感想

この二人の間に何かありますねぇ。口止め料・・・何だか怪しい言葉の香りが漂っていますよ。さて、この後二人の関係は?

続きは以下のリンクから読めますよ!

サイト内で「真夜中は青空食堂」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

漫画 東京タラレバ娘のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「東京タラレバ娘」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」

倫子は脚本家として独立。古巣の制作会社からネットドラマの脚本を書く仕事を貰ったりしている。

香は表参道でネイルサロンを経営。高校の時からの倫子の親友だ。美人でスタイルもいいのになぜか独身。ここ数年、彼氏すらいない。

同じく高校の時からの倫子の小雪は、親が経営する居酒屋を手伝っている。今ではわたしたち3人の女子会の場。

ある日、倫子は香に施してもらったネイルを眺めて思い出す。初めてネイルやってもらったのは・・・もう10年前の事だ。そして、テレビ制作会社のADをしていた早坂さんとのディナーの記憶も芋づる式に思い出す。

東北から出てきたばかりの田舎者で、メニューを決めるのもあたふた、誕生日プレゼントにくれたのはダサい指輪(いきなり重い)・・・告白されてけどその場で瞬殺した。

あれから10年、皮肉にもその指輪男と仕事ではしょっちゅう顔を合わす仲だ。あの頃ADだった早坂さんも今では立派なディレクター。しかし、どうしてか未だに独身。

もしかして、もしかして、まだあたしのこと・・・

そこに、きゃりーぱみゅぱみゅファッションのマミちゃんが出勤してくる。早坂さんの態度を見たマミちゃんに「絶対に倫子さんに気がありますよね」と言われるが、10年前に言い寄られたことは内緒にする倫子だった。

その後、メールで早坂に話したいことがあると誘いを受ける。ただならぬ状況を察した倫子は、友人に緊急の第4出動を呼びかけるのだった。

ここは、小雪の居酒屋。28の時におしゃれなお店から酒がぐいぐい飲めるお店(小雪の居酒屋)へとシフトチェンジ。それ以来、ハマってしまい幾度となく女子会を行っている場所だ。

本日も早坂さんのネタで飲み倒し、気が付くと自宅の布団で目が覚めるのだった・・・

そして、その日はやってきた。香と小雪の進めるまま、倫子のFカップを活かした胸の開いたファッションコーデ。この3人、いつもお互いの恋愛に顔を突っ込んで世話焼いているのだ。

10年ぶりの早坂とのデート。あの時はダサかった彼も立派な王子様に変身しているのを実感する倫子だった・・・

東京タラレバ娘のネタバレ感想

心許せる親友たち、居酒屋、ファッション、そして恋愛・・・女子が大好物なものが揃ってますね。読んだらやっぱりハマっちゃいました♪

あと、東村アキコ先生の絵のクオリティーがすごいですね。漫画なんだけど、本当に実在してそうなリアリティが感じられて、そこにも感情移入できちゃう秘密がありますね。

サイト内で「東京タラレバ娘」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

児童養護施設の子どもたちのあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「児童養護施設の子どもたち」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

お母さんが美香を連れて再婚した。新しいお父さんはお医者さんだ。清潔感のある優しい義父で、すぐに妹と弟が生まれた。

その頃からお父さんは「夜勤」と言って帰ってこなくなった。昼間も帰ってこない。「夜勤の日に」病院へ電話すると帰ったと言う。

お母さんは「別の家ができたんだよ!」と言って険しい顔をして怒った。それから、だんだんと意地悪になってきた。

そして、「昔のお父さんもお前が生まれてから女を作って出て行ったんだ!今度は幸せになれると思っていたのに、全部お前が悪いんだ!」と言った。

お母さんの言っている事が分らなかった。でも、自分が愛されていない、私だけがご飯をもらえないことだけは分かった。

食事は妹たちの残り物、幼稚園のお弁当にはパンの耳、手に煙草の火を押し付けられたリ…先生に訳を聞かれても、ラーメンを作っていて火傷をしたと答えろと言われていた。

小学校に入っても友達はできなかった。だけど、給食は唯一まともな食事だったし、しょっちゅう貧血で倒れて保健室へ行くと保険の草加先生は優しかった。

そんなある日、ゴミをあさるおじさんを見かける。話しかけると、便を拾ってお金に変えたり、小さな小屋で住んでいることを教えてもらった。

その日、家に帰ると草加先生がいた。貧血でよく倒れることを心配して見に来てくれたのだ。部屋は綺麗に片づけられていて、テーブルにお菓子まであった。

いつもいない父までいて、先生に嘘を言っている。美香は置いてあるお菓子を取り、ガツガツとむさぼり食べた。

「ごはん前にお菓子はやめなさい!今日はみんでカレーだって言ったでしょ!母さんの言う通りよね・・・」

母はそういうと、怖い形相をして美香を睨みつけるのだった…

児童養護施設の子どもたちのネタバレ感想

虐待系のお話はいくつか読んできましたが、やはり限度を超えていますよね。親といえども人間ですから、そりゃあ時には手を出してしまうこともありますよ・・・近頃は過剰反応し過ぎですけどね。

ただ、そこまでしなくても、いやそれ以上やったら心身共にダメになっちゃいますよ・・・と助けに入りたくなる気持ちです。

さあ、美香ちゃんもどんどん追い詰められて、この先どうなってしまうのでしょうか?

サイト内で「児童養護施設の子どもたち」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

僕たちの生きた理由のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「僕たちの生きた理由」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

小学校の校庭に生える一本の不気味な木。根っこの部分から「4」と書かれた人形の手が露出している。さらに、その地下にはそれぞれに番号が刻まれた無数の人形が埋まっている。

「リアル最終回ってあっけねえ!」

卒業式を終えなんだか物足りなさを感じるアキラ。

「アキラくん〜!まだ帰らないの?〜」

そこに声をかける姫野。アキラは気付く「俺の最大のクライマックス。終わって欲しくない最大の理由が!」

あの日、8月14日。何かの行事の時に二人きりになって、姫野とメールアドレスの交換をした。そして、キスをする雰囲気になり唇を合わせようとしたときに携帯が鳴った。

「わ、わたし、もう帰らなきゃ…」

あれから何度もメールしようとしたけど、こんな土壇場になってもダメな俺。そこに、姫野からのメールが入る。

「最後に何かいい思い出作ろう。教室で待ってるね」

「きたー!向こうからチャンスをくれた!!」告ろうと心に決め、駆け足で教室へ向かうアキラ。「最終回は告って姫野の一緒に帰るんだ!」

ドキドキしながら教室を開けるとそこには…

僕たちの生きた理由のネタバレ感想

この後、ものすごい勢いでストーリが展開していきます。アキラが思いを寄せる姫野は、なぜか人形のようにされてしまう。

そして、謎の3つの仮面をつけた人物によって審判が開始される…

この続きも無料で立ち読みできるので、気になる方は下のリンクからどうぞ!

サイト内で「僕たちの生きた理由」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

当サイトへようこそ!
わたしがネット通販でお買い物した商品をご紹介するブログでございます!
更新情報
カテゴリー
Copyright (C) ネット通販★口コミ体験談. All Rights Reserved.